システムトレーダー養成プログラム

保有中の銘柄分かってる?

DSC_0105ss

 

From;西村剛
八丁堀の事務所より、、、

 

「今、保有している銘柄が分からない…」

 

と、、、

人に話すと、意外がられますが、
私たちシステムトレーダーにとって、
これは常識的な話でしょう。

おそらく、よほど思い入れの強い銘柄でもない限り、
私たちシステムトレーダーは銘柄の記憶はないものです。

私自身全くと言って良いほど把握していません。

それこそ、状況によっては、
シグナル数が膨大とまでは言いませんが、
非常に多い数になるので、
いちいち記憶できないというのが正確なところでしょう。

 

だから、友人から

「保有している銘柄教えてよ!どんな銘柄?」

と聞かれても

「・・・」

となってしまうのが、私たちシステムトレーダーでしょう。

 

ただ、世間からすれば
これは非常識なトレード法です。

まだまだ、世の中、

「長期投資」が常識です。

 

ただし、、、

考えているのが長期投資なのですが、
やっていることが短期トレードという
摩訶不思議なことをやっている個人投資家が多いと言ったほうが正しいでしょう。

だから「銘柄」にこだわります。

あなたも、人に株をやっていると言うと、

「何を買えばいい?」

と聞かれる機会が多いでしょう。

このように、世間の常識では
銘柄に固執します。

だから、

「良い銘柄=上がりそうな銘柄が分かれば、利益を上げられる」

と信じています。

ただ、これが有効なのは長期投資の場合です。
NISA口座などで長期的な資産形成を考えていれば

「長期にわたって業績が拡大しそうな銘柄」や
「資産価値に対して割安に放置されている銘柄」

を買えば、確かにこれは有効です。

 

しかし・・・

実際には、多くの個人投資家が
長期的ではなく、短期的に大きな利益を期待しているので、
結果として、それは長期投資ではなく短期トレードになっているのです。

 

でも、短期トレードは、

「何を買うか?」=「良い銘柄をいかに見つけるか?」

は重要ではありません。

 

もちろん、何を買うかは重要なのですが、

「いつ買って、いつ売るか?」

が重要なのです。

 

私たちシステムトレーダーであれば、
あくまでも、統計的にみて利益が上がる確率の高い動きをしている銘柄を選択し、
その銘柄をいつ買って、いつ売るかが重要です。

良い銘柄というより、利益が上がりやすい銘柄を選択します。

だから、結果的銘柄に固執しませんので、
対象の銘柄をいつ買って、いつ売るかが重要になってくるのです。

そして、その方法を繰り返すことで、
小さな利益を着実に積み上げることで、
大きな利益を獲得するのです。

それが、私たちシステムトレーダーです。

 

しかし、、、
これは世間の非常識な方法です。

だから、利益を上げられるのですが…

私たち意外の個人投資家は、
短期的な利益を求めているにも関わらず、
長期的な資産形成に合う銘柄を探そうとします。

そして、いつ買って、いつ売るかよりも、
将来上がりそうな銘柄探しに固執します。

 

でも、求めるのは短期的な利益・・・
私たちからすれば、よほどこちらのほうが非常識ですよね。

世間の常識と、私たちの常識、、、
トレードの世界で勝つのはどちらなのでしょうか・・・?

hls-tsuishin4

 

 

 

 

<ロングセラー>【送料無料!】ストラテジー・テンプレート[eブック(電子書籍)]
stt

 

 

 

 

 

 

 

 

西村剛 著 斉藤正章 監修

価格700円(税抜)※配送無料

・このレポートはパソコン・スマートフォン等でご覧いただけるPDF形式の電子書籍(eブック)です。iPad等の電子書籍用端末がなくてもお読みいただけます(プリントアウト可能)。

・クレジットカード、銀行振り込みでの決済完了後、すぐに発送いたします。
詳細はこちらをクリック

 

 

 

■追伸

【<大好評の「5つ星」評価のロングセラー!>西村剛著『株2年生の教科書』】

株1年生とは、
相場が良いときは利益を上げ、
悪いときは利益を上げられない人。

株2年生とは、その状態を脱却できて、
「相場が良いときも、悪いときも利益を上げる人」

1年生から脱却して、2年生になる方法とは?


『株2年生の教科書』の詳細はこちらをクリック

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。


ページ上部へ戻る