システムトレーダー養成プログラム

成功を手にする人と逃す人のたった一つの違いは?

DSC_0105ss

 

From;西村剛
八丁堀の事務所より、、、

 

「成功する投資法やトレード法はたくさんあるが、
自分に合った投資法やトレード法は数少ない」

先日、このようなことを痛感しました。

 

というのも、、、
約7,000人の個人投資家の皆さんが集まったようなので、
もしかすると、あなたも参加していたかもしれませんが、
先日、「パンローリング社の投資戦略フェア」が開催され、
私も参加したので、そのときに思ったのです。

約7,000人の個人投資家の皆さんが集まるということもあり、
数多くのいわゆる成功している投資家や
トレーダーのセミナーが開催されました。

ちなみに、そのセミナー講師として、
あの斉藤正章さんも登壇していました。

だから、余計にあんなことを思ったのです。

投資法やトレード法と言っても、
無数は言い過ぎかもしれませんが、
本当に、多くの方法があります。

 

例えば、私たちにとって一番なじみ深いのが
システムトレードです。

他にも、分かりやすいところで言えば、

企業の成長を期待し何年も持ち続ける成長株投や
資割安に放置されている銘柄を買い何年も持ち続ける「バリュー投資」や、

短期保有をメインとした1日に何回もトレードする
デイトレードがあります。

保有期間を基準にしても様々な方法がありますし、
対象の銘柄だけ見ても、様々な方法があります。

 

まさに、千差万別です。

ある意味、その方法は…

「この人だけしかできないのではないかな~」
「これって、この時だけ通用するだけで、長期ではどうなのだろう?」

という方法もあります。

もちろん、それは「パンローリング社の投資戦略フェア」の話ではありませんが、
世の中には、たった1回だけしか通用しない方法も、

「成功の法則」

のように祭り上げられ、世の中に出てしまいます。

そういった意味では、
この世界では、その方法が本当に正しい方法かを
見極める必要が十分にあるのでしょう。

ただ、それを語りだすと
本筋と変わってしまうので、また別の機会にお話ししますが、

 

では、例えば、このようにたくさんある方法の中で、
私たち個人投資家は、いったどのようにして
「成功できる方法」を探せば良いのでしょうか?

もちろん、私たちはシステムトレーダーですので、
そのシステムトレードで十分なのですが…

純粋に一人の個人投資家として考えるとどうなのだろう?というところです。

 

まず、投資やトレードの成功に必要な要素を考えると、

「明確な基準」と「継続」です。

明確な基準とは、言い換えれば、利益の法則です。
つまり、私たちで言えば、売買ルールですね。

利益の上がる法則を知っていれば、
当然ですが、利益は上がります。

ただ、ここで重要になるのが次の要素「継続」です。

継続ができれなければ、
利益を上げる機会はたった一度になってしまいます。

そうならないように、
やはり「継続」が不可欠なのです。

 

しかし・・・

なぜか多くの個人投資家が、この継続は考えず、
「利益の法則」だけに目が行ってしまいます。

だから、このようなセミナーがあると、
成功できる方法を探すときの基準が

「一番利益が上がりそうな法則」

になってしまいがちです。

 

でも、残念ですが、そのような基準で探したものは、
必ずしも自分に合っているとは限らず、
継続ができなくなり、上手くいかなくなるものです。

例えば、いくらデイトレードが良いと思っていても、
日中働く会社員には難しいでしょう。

これでは、いくら「明確な基準=利益の法則」を知っていても、
「継続」ができません。

または、1ヶ月単位で利益を上げたいと考えている人が、
何年も保有する投資法をやっても、

「継続」できません。

せっかく「明確な基準=利益の法則」を知っているのに。

 

という具合に、
いくら「明確な基準=利益の法則」を知っていても、
自分の性格や生活に合ったものを選択しなれば、
「継続」ができないのです。

そして、継続ができなければ利益を積み上げることができず、
結局、これまでと何も変わらなかったという状態に戻ってしまうのです。

だから、自分に合ったものを探すには、
こんなことを自問自答してみると良いでしょう。

 

あなたの過去の経験で・・・

○どのようなトレードで上手くいったか?
○どのようなトレードでは、上手くいかなかったか?
○どのようなトレードで喜びを感じたか?
○どのようなトレードをしたとき、トレードを止めようと思ったのか?

などを考えてみると、
あなたにとって、一番良い選択肢が見つかるでしょう。

正直言って、これだけ世の中には「明確な基準=利益の法則」が出回っています。

しかし、その方法を使って成功を手にするのは、
ほんの一握りです。

でも、その一握りに入る人と、
残念ながら入らない人の差は、、、

この「継続」を基準に自分に合っているものを選択しているかです。

もちろん、私たちにはシステムトレードがあります。

だから、システムトレードの中で、
どのようなものが継続しやすいか、よく考えてみると良いでしょう。

そうすることで、今よりもさらに着実に利益を積み上げることができるようになるでしょう。

hls-tsuishin4

 

 

 

 

<ロングセラー>【送料無料!】ストラテジー・テンプレート[eブック(電子書籍)]
stt

 

 

 

 

 

 

 

 

西村剛 著 斉藤正章 監修

価格700円(税抜)※配送無料

・このレポートはパソコン・スマートフォン等でご覧いただけるPDF形式の電子書籍(eブック)です。iPad等の電子書籍用端末がなくてもお読みいただけます(プリントアウト可能)。

・クレジットカード、銀行振り込みでの決済完了後、すぐに発送いたします。
詳細はこちらをクリック

 

 

 

■追伸

【<大好評の「5つ星」評価のロングセラー!>西村剛著『株2年生の教科書』】

株1年生とは、
相場が良いときは利益を上げ、
悪いときは利益を上げられない人。

株2年生とは、その状態を脱却できて、
「相場が良いときも、悪いときも利益を上げる人」

1年生から脱却して、2年生になる方法とは?


『株2年生の教科書』の詳細はこちらをクリック

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。


ページ上部へ戻る