日経平均の2016年後半はどう動く?


 

From;秋山大介
宇都宮の自宅より、、、

 

昨日の記事の中にもありましたが、
ここ最近、私の中で

「長期投資の終焉」

という言葉が気になっています。

 

ちなみに、去年の今頃は、

「アベノミクス・バブルの終焉」

でした。

 

どちらも「終わり」の話ですが、
この長期投資に関しては、
何か色々考えていまう部分があります。

株式市場の流動性を考えると、
個人投資家は短期売買に移行するのが良いと思いますし、
それで利益を上げられれば経済面でも良いことですよね。

 

ただ・・・

先日、私の記事でもお話ししましたが、
株という概念を考えると、長期投資が終焉していまうのは・・・

 

ですが、、、
そういえば、10年前に言っていた人がいたんですよね。

近い将来「株式会社」という概念がなくなると・・・

ま~、なくなるか、なくならないかは別としても、
「在り方」は随分変わるのでしょうね。

 

私の考えでは、2:8の法則で考えれば、

80%は、持ち合いや社員が持つなど比較流動性の低いものになり、
20%は「超」流動性の高い株式になるのかな~と考えています。

おそらく、単なる流動性ではなく、「超」がついて、
今までの株主と、ずいぶん意味合いが変わるのではないかな~と考えるところです。

ただ、そうはいっても、
かつての村上ファンドが、モノ言う株主として出てきましたが、
出る杭は打たれたことを考えると、
案外、このままなのかな~とも考えるところです。

 

まさしく、将来のことは、
全く分からないといったところでしょう。

どうでも良い話にお付き合いいただき恐縮です(汗)

 

では、本題に入りましょう。

 

今日は、久々にテクニカルアナリストの
横山利香さんの記事を取り上げます。

日経平均株価は、
英国での国民投票の結果を受けて大きく下落しました。

株価は現在、1万6,000円台まで回復していますが、
一時は年初来安値を更新しました。

 

しかも、今年は、
年初から異例の株価の動きの連続です。

そのようなこともあり、
今年後半の株価が、いったいどのように推移するか
気になっている方も多いでしょう。

そこで今回は、ストキャスティクスを使って、
今後の動きを分析してみました。

 

[AllAboutマネーに掲載中] *****************************************************
◆日経平均の2016年後半はどう動く?◆
>> http://allabout.co.jp/gm/gc/464593/
*****************************************************

 

いかがでしょうか。

ぜひ、こちらの情報もあなたの投資戦略に
お役立て頂ければと思います。

そして、この情報をもとに、
ぜひ、2016年後半のトレードに備えて行きましょう!

なまえ

 

 

 

<ロングセラー>【送料無料!】ストラテジー・テンプレート[eブック(電子書籍)]
stt

 

 

 

 

 

 

 

 

西村剛 著 斉藤正章 監修

価格700円(税抜)※配送無料

・このレポートはパソコン・スマートフォン等でご覧いただけるPDF形式の電子書籍(eブック)です。iPad等の電子書籍用端末がなくてもお読みいただけます(プリントアウト可能)。

・クレジットカード、銀行振り込みでの決済完了後、すぐに発送いたします。
詳細はこちらをクリック

 

 

■追伸

【<大好評の「5つ星」評価!>西村剛の最新著『株2年生の教科書』】

株1年生とは、
相場が良いときは利益を上げ、
悪いときは利益を上げられない人。

株2年生とは、その状態を脱却できて、
「相場が良いときも、悪いときも利益を上げる人」

1年生から脱却して、2年生になる方法とは?


『株2年生の教科書』の詳細はこちらをクリック

※ご注意※
2016年1月から、Amazon売れ筋ランキング「株式投資・投資信託部門」で
常時50位以内に入る人気本のため、在庫を切らすことがあります。
在庫があった場合は、すぐにお求めになることをオススメします

 

 

The following two tabs change content below.

システムトレードの達人・サポートセンター

私たちは、あなたが着実に利益を積み上げるトレーダーへ成長をサポートしていきます。ぜひ、お届けする、システムトレードの最新情報や独自の指数を使った精度高い相場解説を毎日お見逃しなく。