資金戦略


From;JACK

IPO投資は資金があるほど有利と言われております。既にご存じの方が多いと思いますが、なぜなら、たくさんの証券会社に口座を開設することができ、各々の証券会社からブックビルディングを行うことができることから、当選確率はUPします。

その開設した証券会社には中には当選してからの入金でも大丈夫な証券会社もありますが、基本的には事前に、預け金額が必要であることから、やはり資金がある方が優位であります。

また、家族口座の活用ということも考えれば、とにかく口座数もないよりはあった方が1%でも当選確率が上がりますから、やはり資金は多いには越したことはありません。

システムトレードの場合においても、実際に皆様がストラテジーを走らせたときに、最初の資金管理において小額であれば、買える銘柄、あるいは株数は少なくなってきますから、たくさんの銘柄や株数を購入するという観点では、シグナルが出た場合には統計的にもシステムトレードにおいても資金はあった方が優位であることは言うまでもありません。

ましてや資金さえあれば、日頃から言われるところのシステムトレードは別腹でファンダ的な投資、例えば、四季報を読み込んでの投資や株主優待クロス、そしてIPOやPOというところにも資金を充てることができますので、選択肢や幅は広がります。

さらには株式投資でなく、他の投資、FXや不動産、あるいは仮装通貨など、とにかく投資資金はいろいろと必要になってくるのは明白であります。

実際に、株式投資の最近の周りの動きとして、まだ10月だと言うのに、資金に余裕がある方においては、12月優待において1,000株で36,000円分のご優待カードが貰えるすかいらーくホールディングスや10,000株で10万円のクオカードが貰えるブロードリーフにおいては、早々、逆日歩のつかないカブッドコム証券にて一般信用で繋ぎ売りをして、早々、利益を計上している方も私の周りでは多いところであります。

このあたりは、2銘柄に約1,300万円を次ぎこんだとしても、金利や手数料を考慮したとしても合計136千円の優待がざっくり10万円弱で入手できますので、資金に余裕がある方にとっては悪くない投資でしょうか。

なお、私自身もすかいらーくは早々獲得しておりますので、ブロードリーフの購入を考えていたのですが、ここで12月の最大のお祭りとなるソフトバンクグループの通信子会社ソフトバンクの上場のリリースがありましたから、そちらに資金を振り向けることから、現時点では仕込んでないところであります。

ーJACK

<ロングセラー>【送料無料!】ストラテジー・テンプレート



もっと情報を知る

The following two tabs change content below.

JACK

現役トレーダー。IPO投資や不動産投資を得意とする現役トレーダー。独自の視点による投資判断や、確実に獲得できる利益を見逃さない姿勢は、システムトレーダーも必見。

最新記事 by JACK (全て見る)