次週は○○効果で株価上昇期待?


From;西村剛

6月第二週の株式市場が終了しました。

前週末と比較し日経平均株価は1.1%上昇、
TOPIX0.9%上昇、マザーズ指数は3.2%上昇しています。

日経平均株価は5月以降、米中貿易摩擦懸念から株価は大きく下落、
6月に入り小幅反発、その後21000円をかろうじて上回る水準に位置しています。

6月第一週の投資主体者別売買動向を見る限り、
外国人投資家の日本株売りは続いており、

遅かれ早かれ日経平均株価は21000円を
割れこむのではないかと考えていますが、

6月は需給面でプラスの材料となるボーナス支給月にあたり、
次週あたりからボーナス効果で個人投資家の資金流入が期待できそうです。

 過去の統計データで次週の成績は、

==============================

    勝率: 55.13

 勝ち数: 34,864

 負け数: 28,370

 引き分け数: 3,373

==============================

 平均損益(円): 1,226 円  平均損益(率): 0.61

 平均利益(円): 7,878 円  平均利益(率): 3.94

 平均損失(円): -6,802 円  平均損失(率): -3.40

 PF: 1.423

 ==============================

と、なっており、株価が強い傾向が見られ、
来週は少しだけ期待できそうです。

 ただ、だからといって安心は禁物です。

7月に入れば再度株価が下がりやすい傾向の月になりますし、
夏枯れ相場が始まります。

次の暴落に備えてしっかりと準備しておきましょう。

―西村剛

<ロングセラー>【送料無料!】ストラテジー・テンプレート



もっと情報を知る

The following two tabs change content below.

西村 剛

Yahoo!ファイナンス 株の達人・証券アナリスト兼ファンドマネジャー・AllAboutガイド。 現在、30名の一流システムトレーダーを育成する特別プログラム講師に従事 (過去にも120名以上が一流システムトレーダーとして成長した実績がある) システムトレードを、全くの初心者でも分かりやすく、やさしい言葉を使うことから、受講生の成長度の高さや信頼を多く集める、教え上手な専門家。