我流の失敗から脱却!


西村:投資歴は、どれくらいですか?

末武さん:平成15年ですね、一番最初に始めたのは、だから、14年前からですね。もちろん裁量トレードで。先輩に勧められて、こんなの面白そうだということで、ちょっと興味持って、それから始めたんですよね。

一時的に資産は2倍になりましたが、リーマン・ショックで全部塩漬けになりました…

西村:でそのときの成績はどうでしたか?

末武さん:結構上がってですね、買う株は上がって、資産2倍ぐらいには、一時的になりましたね。

西村:では、裁量トレードでも、上手くいっていたのですね。

末武さん:そうですね、ただ、買った株が何となく上がったという感じでしたね。これは上手くいくもんだな~と思った相場でしたね。

西村:そのように上手くいっている中、システムトレードに出会ったきっかけって何ですか?

末武さん:えー、そのような状況でしたので、調子に乗るから次々と違う株を買っていったんですよね。そうするとま~、リーマン・ショックでドカーンとやられて全部塩漬けになりました。ただ、それは余裕資金でやってたので別に換金する必要もなかったんで、いつか上がるのではないかなと放っておきました。

そこから、アベノミクスで戻ってきて塩漬けが上手い具合に溶けてきて資金ができたんで、じゃあもう一回やってみようかな~と思って、どうしようかな、どういう戦略でやっていこうかなと思いまして、本屋に行っていろんな本を探してみたんですね。そこで出会ったのが、斉藤さんのあの緑の表紙の本でした。それがシステムトレードとの出会いですね。

2013年に我流でシステムトレードを始めて「上手くいくな」と感触をつかみました

西村:特別プログラムを受講しようと思ったのは、何がきっかけでしたか?

末武さん:初めは、我流でシステムトレードをやってました。始めたのが2013年で、最初は半信半疑でやっていたのですが、けっこう上手くいって、年利40%上げることができました。今考えると、もちろんそれは適当な売買ルールだったのですけど、「システムトレードは上手くいくな~」と思って、システムトレードを続けていこうと思いました。

我流でやっていましたが、ここ1~2年は全く利益を上げられない状況に陥りました…

末武さん:ただ、我流でやってたんですけれど、そうこうするうちに、去年とか今年とかの、あまりこうシステムトレードが機能しない相場になり、全然稼げないし、資金も減るしという状況に陥りました。ただ、そう思いながらも、そのうち元に戻るんだろうな~って思っている状況が、2年ぐらい続きました。

自分もそれほどのめり込むつもりはなかったんで、そこそこ稼げればいいや、これでそこそこ稼げればいいから、そんなに他の人みたいに熱心にやらなくてもいいやぐらいに思ってたんですけど、そんな相場環境、ここ1~2年は、相場環境だったんで、あれれれ、とこういう話になって、ちょっとキチンと習わなきゃダメなのかなと思ったんですよね。

急に上手くいかなくなって、このプログラムの受講を決意しました!

末武さん:それで、まずは12週間プログラムを受講して、こういう風にやるのかって状況で下準備をして、今回特別プログラムを受けようと決心したんですね。

実は、その前の年もその前の年もいつも悩んでたんですよね。結果的に、僕は最初から始めればよかったなというのが今の結論なんですけど、まず何かっていうと金額が高額ですよね。

そこにいきなりシステムトレードという信頼できるかできないかわからないようなものにそこまで最初から投資するかっていう、そういう気持ちがあって、まずそれが一つ高い敷居になってましたね。

それともう一つは、でも上手くいかないので、やっぱり習おうかなと思ったんですけど、本業というか仕事と並行してやっているんで、その中でこの特別プログラムを受講してそれを消化できるのかどうかっていうそういう不安、この2つの要素があって、2年ぐらい正直言うと躊躇しました。

この1~2年の間に、あんまり上手くいかないので、あれ、なんで上手くいかんのだろうなというような状況のもとで、今年は、去年ですけども、今年はもう絶対これを受ける、こういう風に決心して特別プログラムを受講することになりました。

プログラムを受講すると、我流でやっていた方法が時間のムダだったなと痛感しました…

西村:プこのプログラムを受講した中で、どのような部分が良かったですか?

末武さん:まず、ご指導して頂いて、売買ルールを見て頂くということで、(専門家)から売買ルールのOKをもらえるところですね。

そうすると多少上手くいかない相場であって負けが続いても、西村さんが認めてくれてい売買るルールなんだからそのうち上手くいくだろうと思って、全く精神的な動揺がしなくなったということが1つ目ですね。

2つ目は、やはり売買ルール作りの基本を教えてもらうことによって、プログラムを受ける前の自分のやり方と今のやり方とでは、180度変わりましたね。今考えてみると、自分で我流でやってた方法でいろんなことを工夫しながらやってたんですけども、時間のムダだったなと思うのが今正直な印象です。

プログラムで学んだことを実践すると、カーブフィッティングしない売買ルールを作れるようになりました!

西村:特別プログラムの中で一番利益につながった知識やスキル、もしくは発見はありましたか?

末武さん:そうですね、結局売買ルール作りは、カーブフィッティングの連続だと思うんですよね。それが、実践のトレードと売買ルールとのギャップですね、そのギャップを、このプログラムで教えて頂いた方法でやることによって埋められているような感じがします。

ですから、前の段階ではそういう実践のトレードと売買ルールとの間に、やっぱり自分なりに差があることを認識していたんですが、ただその差はたまたま今回こういう相場なんだからそういうもんなんだろうという風に思って、自分に納得させていたわけですね。

リスクへの考え方が参考になりました!

西村:プログラムの受講前後でトレードの生活や気持ちは、どのように変化しましたか?

末武さん:もともと、負けトレードに対して動揺しないタイプなのですが、そうは言っても、リスクを厳しめにみないといけないということが学びになりました。そして、それをいかに売買ルール作りに反映させるかを教えてもらえたことが、気持ちやスキル面で良かったです。

売買ルールを専門家に見てもらえるので、成績よりもその部分のほうが大きいです!

西村:プログラム受講前後で、成績の変化はありましたか?

末武さん:う~ん、そうですね、今ようやく受講が終わるところなので、まだ分からないというのが正直なところですね。というのも、私がシステムトレードと始めたときと相場環境が違いますので。始めた頃は、あんな下手くそな売買ルールでも、それなりの成績を伸ばせたわけで。ここ2年くらいは、あまり良い相場ではなかったのか負けていましたし。

おそらく、ここで受講も修了するので、ここから成績に変化が出てくるところだと思います。ただ、それよりも、売買ルールを専門家に見てもらって、OKかどうか判断していただけるので、負けようが勝とうが、私は一切気にならないという状況です。

ある程度知識をつけてからの受講ではなく、スタートからこのプログラムを受講したほうが良いと思います!

西村:このプログラムはどのような人に、向いていると思いますか?

末武さん:まずは、システムトレードをやろうという人の、一番最初ですよね。ある程度知識をつけてから特別プログラムを受けようとか、そういう感じではなく、スタートラインで用意スタートのときから特別プログラムを受けることが一番の正解だっていう風に、僕は今振り返ってみると思ってます。

システムトレードで実益と趣味を同時に得られています!

西村:反対に、どのような人に向いていないですか?

末武さん:そうですね、一生懸命売買ルール作りをしない人じゃないですか。私も、仕事もやっているんですけども、結構のめり込んじゃって、もう一日中休みの日なんか検証漬けの毎日なんですよね。仕事以外のところはそういう趣味を持つことができて、非常に実益と趣味とうまい具合に一緒に得られるようになったかな、なんて思ってます。

このプログラムを受講していなければ、もう株は一切やっていないと思います…

西村:もし、このプログラムを受講していなかったら、もしくはそもそもシステムトレードを実践していなかったら、今どうなっていたと思いますか?

末武さん:株をやめていると思いますね。トレードはもう一切やめてますね。もしくは、他にいろんな投資方法を持った人がたくさんいると思うので、そういうのを見ながらやっていたと思うんですけど。でも結局、よほどエネルギーをかけなければ、自分の方法論を持ってなかなか勝てないんじゃないかなっていう風に思いますね。だから、株は儲からんものだという風に思ってやめたと思いますね。

システムトレードを始めて良かったです!今後も継続していきたいです!

西村:このプログラムをきっかけにシステムトレードを始めてよかったですか?

末武さん:もちろんです!ええ。

西村:れからも継続したいと思いますか?

末武さん:そうですね。年齢も年齢なんですけど、やはりと自分でもかなり意地になってるところもあるんで、ある程度のレベルまでいろいろと教えて頂きながら、やっていきたいなっていう風に思ってます。頭の体操に結構なると思ってますんで。

自分でシステムトレードをやろうとしても時間のムダです…

西村:最後に、今この特別プログラムを受講しようかどうか迷っている方に一言アドバイスお願いします。

末武さん:もちろんです!ええ。

西村:れからも継続したいと思いますか?

末武さん:システムトレードを始めようと思うんであれば特別プログラムを受けることがスタートラインだと思います。ちょっとお金はかかりますけれども、絶対にそれに見合ったコストパフォーマンスはあると思いますので。それがスタートラインだと思って。

システムトレードは、自分でやっても時間のムダです。私は3~4年自分なりにやりましたけども、作ったルールをスタッフの方に見て頂いて、一網打尽に蹴飛ばされたのを思い出しますと(笑)あれは何だったのかと思いました。アハハ…。だから、このプログラムをオススメします。

音声はコチラ