「年別サマリー」と「全体サマリー」の、どちらを重視して、売買ルールの改良をすれば良いのですか?

=================================
【ご質問】
今年に入ってからの相場環境を重視するあまり、
バックテストの結果である「全体サマリー」と
「年度別サマリー(13年度)」が少し異なり、
今年度のサマリーを重視してしまいます。

やはり、全体サマリーの結果をよくするように
ルールを考えるべきでしょうか?

教えてください。
=================================

システムトレードで売買ルールの改良は、「全体サマリー」の結果を重視して行うことが基本です。
売買ルールを現在の相場に合わせて改良すると、相場に変化が出た際に、大きな損失を被る可能性があります。
長期的に見た場合、得策ではないと考えられますので、避けたほうが良いでしょう。

なお、売買ルールの改良を行う際には、「全体サマリーの内容」や「運用資産の推移がきれいな右肩上がりになること」を重視し、改良することをオススメします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

今日勝つための投資戦略を手に入れよう!Yahoo!ファイナンスで連載の西村剛が市況を分析!
ページ上部へ戻る