世界同時株安で日本株も暴落か【西村剛】



【お知らせ】
下記リンクのメルマガを中心に情報を更新していく予定です。
無料ですのでぜひご登録いただけるとありがたいです

西村剛の投資戦略メルマガ【無料】




日本株が大きく下落しました。

株価下落の要因は中国の不動産開発大手「中国恒大集団」の経営による中国不動産バブルの崩壊懸念です。

日経平均株価は2.1%の下落、マザーズ指数は2.2%の下落と、大型株・新興株ともに下落する展開となっています。

短期的に底を打ち再度高値を目指すのか?

それとも、もう一段の暴落に備えるべきか・・・

日本株の先行きについて解説します。

まず今回の株価下落の要因である「中国恒大集団」ですが、おそらく倒産(デフォルト)すると考えています。

「中国恒大集団」の株価や社債価格をみるとマーケットはすでにデフォルトを織り込んでいる価格がついています。ここからさらに信用不安により同社の株価や社債価格は下落する可能性が高く、信用不安が高まりデフォルトする確率はかなり高そうです。

ここからの問題は、中国恒大集団の倒産が中国全体の不動産市場に拡がっていくか?です。この見方に関しては今のところ影響は一部にとどまる見込みという楽観論がまだ多く、そのため米国株、日本株もなんとか踏みとどまっているように思えます。

ただ、実際に中国恒大集団が倒産すれば、中国の不動産市場全体に信用不安が起こる可能性が高いのではないかと考えています。

ですので、今の日本株の状況としてはもう一段の暴落に備える局面」だと考えています。

今の米国株、日本株はコロナによる金融緩和の恩恵により高値を更新する展開となっており、投資家心理はかなり楽観的です。ゴムに例えるならば伸びきった状態でしょう。ですので今回の中国恒大集団の倒産を機に投資家心理が一気に冷え込み株価が急落してもおかしくはないと考えています。ただ、急落したあとのリバウンドは短期間で強烈なものになりそうです。

ですので今の投資戦略としては、

・中国恒大集団が倒産し株価急落の局面を待つ
底打ちを確認したタイミングでリバウンドを狙う

この戦略が王道でしょう。

ですのでシステムトレーダーならば逆張り戦略のチャンスです。今は暴落に備え実際に暴落がおこったときにしっかりリバウンドを狙えるように準備しておく局面でしょう。ぜひ今のタイミングでしっかりと逆張り戦略の準備をしておきましょう。

 

 

ー西村剛

 

9/21 西村剛のYouTube【日経平均分析チャンネル】

21日の日経平均は-660円の大幅反落となりました。
中国の不動産大手、恒大集団の経営破綻はどうなるか?経営破綻で暴落が起こるのか?

▼Youtubeで詳しく解説しています▼


※動画が見られない方はコチラから↓

【マンガ】システムトレードの検証ができる株式投資ソフトのフリー版を無料プレゼントします。こちらをクリックください


The following two tabs change content below.

西村 剛

Yahoo!ファイナンス 株の達人・証券アナリスト兼ファンドマネジャー・AllAboutガイド。 現在、30名の一流システムトレーダーを育成する特別プログラム講師に従事 (過去にも120名以上が一流システムトレーダーとして成長した実績がある) システムトレードを、全くの初心者でも分かりやすく、やさしい言葉を使うことから、受講生の成長度の高さや信頼を多く集める、教え上手な専門家。