資金管理の「定額配分」と「定率配分」について教えてください。

================================================
【ご質問】
資金の配分方法で定額配分 1銘柄あたり10万円
初期資産100万円の場合でバックテストすると
具体的にどのような売買になるのでしょうか?
また、定率配分 10銘柄へ分散 初期資産100万円の場合は?
================================================

「定額配分」は、1銘柄に投資する金額を固定して、運用資金を配分する方法です。

例えば、「1銘柄あたりの投資金額」が10万円で初期資産100万円の場合は、
1銘柄あたり10万円ずつ分散投資することになりますが、
単位株が1株で、6万円や7万円の銘柄の場合は10銘柄以上投資することになります。

「定率配分」は、投資する銘柄数を絞り込んで、運用資金を配分する方法です。

例えば、「運用資金を10銘柄へ分散」で、運用資金が100万円の場合には、
100万円を「10銘柄」で割った金額の「10万円」をそれぞれの銘柄に投資することになります。

1銘柄に投資する金額を固定したい場合には「定額配分」、
投資する銘柄数を絞り込みしたい場合には「定率配分」を使用するのがよいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

今日勝つための投資戦略を手に入れよう!Yahoo!ファイナンスで連載の西村剛が市況を分析!
ページ上部へ戻る