マルチストラテジーの「初期資産、手数料、信用取引、単利、複利、優先順位」に設定について教えてください

_______________________________________________________
【ご質問】

マルチストラテジーの「初期資産、手数料、信用取引、単利、複利、優先順位」ですが、
すでに個別のストラテジーでも設定しているのに、もう一度設定する必要があるのですか?

_______________________________________________________

 

 

マルチストラテジーバックテストでバックテストする際、作成した単体の売買ルールの「資金管理」で設定した「初期資産」や「信用取引の有無と余力」、「運用方法」と「基本設定」の「手数料(往復)」などは反映されません。
恐れ入りますが、全体設定で改めて設定するようにしましょう。

優先順位では、これは複数の売買ルールを同時に運用していると、それぞれの売買ルールに該当する銘柄が同じ日に多く発生することがございます。
例えば、このような状況が発生したとしましょう。

 

例)運用資産の合計が500万円で、3つの売買ルールを運用し、10/31に買いルールに該当した銘柄が以下のような状況であった場合

○ストラテジーA:10銘柄が該当し、買い付けるために400万円が必要
○ストラテジーB:5銘柄が該当し、買い付けるために200万円が必要
○ストラテジーC:3銘柄が該当し、買い付けるために100万円が必要

 

このような状況のとき、運用資金は500万円と限りがありますので、どの売買ルールに該当した銘柄から買い付けるかが大切なポイントとなります。
これを考慮して、どの売買ルールに該当した銘柄を買い付けていくかを設定できるように、優先順位は設定していきます。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

今日勝つための投資戦略を手に入れよう!Yahoo!ファイナンスで連載の西村剛が市況を分析!
ページ上部へ戻る