これまでの投資法って・・・


 

From;西村剛
八丁堀の事務所より、、、

 

「こんなにラクして利益を上げてしまっていいのですか!?
いったい、今までの投資法は何だったんですか?????」

これは、システムトレーダーになった皆さんが、
実運用を始めて、まず実感することです。

シグナルが出たら、買って、
シグナルが出たら、売る
シグナルが出なかったら、何もしない

たった、これだけで、
お宝銘柄のような大きな利益は上げられませんが、
少額ながら、着実に利益を上げることができるのが、
システムトレードです。

それまでは、ある銘柄について調べたり、
チャートとにらめっこしたり、
そのようなことをして苦労して、買う銘柄を決めていたと思います。

そして、売るときは、
いったいいつが良いのか分からず、
感覚で、今がピークだというときに売っていたのでしょう。

でも、ピークだと思った次の日に下がるなどして、
結果的に損失になってしまった・・・

きっと、こんなことが多々あったのではないかと思います。

 

しかし、システムトレードを始めてからは、
まず、日中株価を見ることがありません。

そして、ニュースを見たり、新聞を読んだりして、
銘柄を発掘する必要はありません。

もちろん、チャートを見る必要はありません。

 

というように、

「これまでの投資法は何だったんだ?」と

思わず言ってしまうものです。

 

でも、、、

決して忘れてはならないのが、

「あなたは、ラクして今の状態になったわけではない」

ということです。

 

周囲の個人投資家からは、
あなたがラクして利益を上げているように見えますが、
裏では「地味な作業」を何度も何度も繰り返していました。

そう「検証」をです。。。

システムトレードは、決してラクして利益が上がるものではありません。

こういった、あなたの努力が実って、
あなたに最高のリターンをもたらしてくれるのです。

そして、きっとあなたは、
そのリターンを得ることに中毒になり、

というより、、、

システムトレードそのものの面白さに気が付き、
どんどん地味な作業を繰り返し、
更に多くのリターンを得ていることでしょう。

 

ちなみに、最近私がしている地味な作業ですが、

「手仕舞いの研究」

があります。

先ほども、少し触れましたが、
「買いどき」は分かっても、

案外「売りどき」というのは分からないものです。

世の中には、様々な投資方やトレード方の本や教材が出ていますが、
その中に、「売りどき」を明確に買いているものは案外ないものです。

例えば、マネー雑誌を見れば一目瞭然でしょう。

「今買いの注目銘柄」

のようなテーマは、ありますが「売りどきの銘柄」というのはありませんよね。

もちろん、それは保有していることが前提ですので、
雑誌の特徴上、難しいのかもしれませんが、
本を見ても、そのようなものです。

ですので、案外「売りどき」は研究がされていない部分でもあります。

また、システムトレーダーの中でも、
買いルールは、十分に研究されているのですが、
「売り」ルールは、それほど研究されていません。

 

そういった意味もあり、
私は、いま標準モードでの検証に続き、
売りルールの研究も進めています。

具体的には、
チャートを徹底的に見て、チャートリーディングをしています。
過去に大きな動きがあった銘柄やシグナルが発生した銘柄のチャートを見ながら、

◯もう少し手仕舞いのタイミングを早くした方が良いか?
◯高値を取ったタイミングで手仕舞いしたほうが良いか?
◯損切り、利食いのタイミングとボラティリティは関係あるか?

などなど、このようなことを考えて、
検証して、その有効性や相関性を調べています。

はっきり言って、これは本当に地道な作業です。

 

そもそもの話ですが、

「いつ売るか?よりも、何を買うかが重要」

だという前提があります。

これは、あの斉藤正章さんも言っていることです。

当然ですが、システムトレードは、
利益が一番出やすい確率の動きをしている銘柄を買いますので、

「どのような条件に当てはまった銘柄を買うか」

が重要です。

だから、そもそも利益が出やすい銘柄を買わなければ、
どれだけ手仕舞いをがんばっても、利益が大きく変わることはありません。

あくまでも、何を買うかが重要なのです。

 

でも、その何を買うかがしっかりしていれば、
次に重要になるのが

「いつ売るか?」

です。

正直、これは利益に大きなインパクトを残すものではありません。
わずかな違いかもしれません。

でも、、、

そのわずかな違いが、積み重なると、
5年後、10年後に大きく変わるものです。

短期的に見れば、それほど効果がありませんが、
長期的に見れば、効果はあるでしょう。

このように、システムトレードは地味な作業の繰り返しです。

ですが・・・

その地味な作業のおかけで、
あなたは、他の個人投資家から見れば
非常にラクして利益を上げるいるように見えます。

そういった意味では、
彼らから見れば、私たちは異様なトレーダーであり、
何かの特権を持った羨ましい存在なのでしょう。

つまり、私たちの地味な作業は、
こうった形で、開花していきます。

ですので、これからもこの地味な作業を繰り返し、
着実に利益を積み上げていきましょう。

hls-tsuishin4

 

 

 

 

<ロングセラー>【送料無料!】ストラテジー・テンプレート[eブック(電子書籍)]
stt

 

 

 

 

 

 

 

 

西村剛 著 斉藤正章 監修

価格700円(税抜)※配送無料

・このレポートはパソコン・スマートフォン等でご覧いただけるPDF形式の電子書籍(eブック)です。iPad等の電子書籍用端末がなくてもお読みいただけます(プリントアウト可能)。

・クレジットカード、銀行振り込みでの決済完了後、すぐに発送いたします。
詳細はこちらをクリック

 

 

 

■追伸

【<大好評の「5つ星」評価のロングセラー!>西村剛著『株2年生の教科書』】

株1年生とは、
相場が良いときは利益を上げ、
悪いときは利益を上げられない人。

株2年生とは、その状態を脱却できて、
「相場が良いときも、悪いときも利益を上げる人」

1年生から脱却して、2年生になる方法とは?


『株2年生の教科書』の詳細はこちらをクリック

 

The following two tabs change content below.

西村 剛

Yahoo!ファイナンス 株の達人・証券アナリスト兼ファンドマネジャー・AllAboutガイド。 現在、30名の一流システムトレーダーを育成する特別プログラム講師に従事 (過去にも120名以上が一流システムトレーダーとして成長した実績がある) システムトレードを、全くの初心者でも分かりやすく、やさしい言葉を使うことから、受講生の成長度の高さや信頼を多く集める、教え上手な専門家。