コロナショックで暴落銘柄続出 今注目すべき銘柄は?【西村剛】



コロナショックで相場が大きく動いている最中ですので、今の株価動向が気になる方も多いかと思います。
下記リンクのメルマガを中心に情報を更新していく予定です。
無料ですのでぜひご登録いただけるとありがたいです

西村剛の投資戦略メルマガ【無料】



第1四半期決算発表が本格化してきました。

第1四半期決算は4月から6月の業績ですので、おもいっきりコロナの影響を受けた時期にあたります。

今回の第1四半期決算も、コロナの影響を大きく受けた外食、小売、旅行、航空、運輸等は大幅な赤字を計上する企業が多く株価も下落する企業が多いといった印象です。

一方、コロナの影響が小さかったシステム開発関連、ウェブ関連企業や、リモートワーク関連、ドラッグストアなどコロナの影響が業績的にプラスになった企業は、今回の第1四半期決算も総じて好調な数字となっています。まさに今回のコロナで、コロナ渦でも成長できる企業とそうでない企業の選別が始まっているのかもしれません。

では今のような状況下で今後どのような銘柄の株価が上昇しそうかを考えてみたのですが、そのヒントは海外投資家の動向にありそうです。

30日に7月第3週(20日~22日)の投資主体者別売買動向が発表されました。

注目の海外投資家は133億円の買い越し(前週2537億円の買い越し)となり3週続けて海外投資家が日本株を買っているのが分かります。
先進国のなかで比較的コロナの影響が小さく、またキャッシュリッチ(内部留保をしっかりとしている)な企業が多い日本株に注目しているのかもしれません。また海外投資家はマザーズでも123億円買い越ししており、今のようなコロナ禍でも業績好調な新興銘柄を買っているのかもしれません。

これをみると、コロナ渦でも業績好調な銘柄、大型株でコロナ渦でも黒字でキャッシュリッチな銘柄が海外投資家に好まれそうな気がしています。

相場全体が先行き不透明ななか、これらの銘柄に注目しておくといいでしょう。

あっ、これは裁量でトレードしている方に向けたお話です。もちろんシステムトレーダーのあなたはシグナル通りトレードするだけです。
システムトレード的には今がトレンドの転換点ですので、念のため過去のトレンドの転換点であなたの売買ルールがどのような成績だったかを確認しておきましょう。

 

ー西村剛

【マンガ】システムトレードの検証ができる株式投資ソフトのフリー版を無料プレゼントします。こちらをクリックください

<ロングセラー>【送料無料!】ストラテジー・テンプレート



コロナショックで相場が大きく動いている最中ですので、今の株価動向が気になる方も多いかと思います。
下記リンクのメルマガを中心に情報を更新していく予定です。
無料ですのでぜひご登録いただけるとありがたいです

西村剛の投資戦略メルマガ【無料】



【マンガ】システムトレードの検証ができる株式投資ソフトのフリー版を無料プレゼントします。こちらをクリックください

もっと情報を知る

The following two tabs change content below.

西村 剛

Yahoo!ファイナンス 株の達人・証券アナリスト兼ファンドマネジャー・AllAboutガイド。 現在、30名の一流システムトレーダーを育成する特別プログラム講師に従事 (過去にも120名以上が一流システムトレーダーとして成長した実績がある) システムトレードを、全くの初心者でも分かりやすく、やさしい言葉を使うことから、受講生の成長度の高さや信頼を多く集める、教え上手な専門家。