海外投資家の日本株売りに注意【西村剛】



コロナショックで相場が大きく動いている最中ですので、今の株価動向が気になる方も多いかと思います。
下記リンクのメルマガを中心に情報を更新していく予定です。
無料ですのでぜひご登録いただけるとありがたいです

西村剛の投資戦略メルマガ【無料】



6月第1週の投資主体者別売買動向が発表されました。

注目の海外投資家は1282億円の売り越しとなっており、今の日本株の上値の重さは海外投資家の日本株売りが原因となっていることがわかります。

一方個人投資家は1575億円の買い越しとなっており、6月はボーナス月ということもあり個人投資家の買いが目立っています。

海外投資家はこのまま日本株を売ってくるのか?それとも再度買ってくるのか?

その見極めのポイントとなってきそうなのが米国株です。

米国株はS&P500が高値まであと0.44%、ダウ指数があと1.87%、ナスダック指数があと2.16%の水準に位置しています。

これまで金利上昇懸念から米国ナスダック指数の出遅れ感が強かったのですが、徐々に他の指数との差が縮まっており、3指数ほぼ同時に高値更新の可能性も出てきました。

米国株全体見ると、景気回復期待から株式市場の好調は続いている一方、高値目前にして利食い売りが出やすい局面に入っています。

この流れを受けて日経平均株価も29000円を超えてくると戻り売りに押されているような印象です。

一方、出遅れ感があった米国ナスダック指数が回復してくるのと同じように大きく出遅れているマザーズ指数も回復しつつあります。

今は、日米ともに出遅れ感のある新興市場に買いが入っているようですが、大型株が戻り売りをこなして高値更新してくると再度大型株主導の相場になりそうです。

今は日米ともに戻り売りが強い相場となっていますが、米国株の高値更新とともに日本株の雰囲気もがらっと良く変わってくる可能性があります。

今のうちにしっかりと準備しておきましょうね。

 

ー西村剛

 

西村剛の【日経平均分析チャンネル】

日経平均+97円の3日ぶり反発となりました。
米長期金利が低下した影響で値がさハイテク株が買われています。
2万9000円のレンジ相場はいつまで続くのでしょうか?

6/10 日経平均は+97円!このレンジ相場はいつ終わる?

【マンガ】システムトレードの検証ができる株式投資ソフトのフリー版を無料プレゼントします。こちらをクリックください


The following two tabs change content below.

西村 剛

Yahoo!ファイナンス 株の達人・証券アナリスト兼ファンドマネジャー・AllAboutガイド。 現在、30名の一流システムトレーダーを育成する特別プログラム講師に従事 (過去にも120名以上が一流システムトレーダーとして成長した実績がある) システムトレードを、全くの初心者でも分かりやすく、やさしい言葉を使うことから、受講生の成長度の高さや信頼を多く集める、教え上手な専門家。