次週日本株要注意の局面か【西村剛】



【お知らせ】
下記リンクのメルマガを中心に情報を更新していく予定です。
無料ですのでぜひご登録いただけるとありがたいです

西村剛の投資戦略メルマガ【無料】




中国の不動産バブル崩壊懸念・・・

株式市場に新たな懸念材料が発生しました。

中国最大級の不動産会社である恒大集団が倒産の危機に直面していることを発表してから、日米の株式市場ともに調整局面に入りました。

22日の日経平均株価も一時プラスに転じたものの引けにかけて再度下げ幅を拡大しており、更なる悪材料が発生すれば暴落の可能性も十分にあるのではないかと考えています。

仮に本当に暴落が起こった場合、第一段階の下値としては

・日経平均28000円割れ

くらいが目安となりそうです。

今の日経平均株価が29639円ですのであと5,6%ほど下がってもおかしくはないでしょう。

この水準に達すると逆張りのシグナルが点灯し、統計的に買いが有利の局面になるのですが、逆に見ればそれまでは買いが入りづらい水準とも言えそうです。

恒大集団の倒産のXデーといわれていた23日の支払分はなんとか調達できたようですが、あくまでも時間稼ぎに過ぎず、引き続き株式市場の大きな懸念材料として株式市場に悪影響を与えそうです。

直近まで日本株も高値更新の局面だったこともあり全体的な投資家心理はまだかなり楽観的な状況です。次週転換次第では大荒れの可能性もありますので、リスク管理は十分に徹底してトレードにのぞむことをおすすめしておきます。

 

ー西村剛

 

【マンガ】システムトレードの検証ができる株式投資ソフトのフリー版を無料プレゼントします。こちらをクリックください


The following two tabs change content below.

西村 剛

Yahoo!ファイナンス 株の達人・証券アナリスト兼ファンドマネジャー・AllAboutガイド。 現在、30名の一流システムトレーダーを育成する特別プログラム講師に従事 (過去にも120名以上が一流システムトレーダーとして成長した実績がある) システムトレードを、全くの初心者でも分かりやすく、やさしい言葉を使うことから、受講生の成長度の高さや信頼を多く集める、教え上手な専門家。