数百万円の損失から脱却!


西村:加藤さんの投資歴は、どれくらいですか?

加藤さん:そうですね、3年と2~3ヶ月ぐらいじゃないでしょうかね、はい。

西村:システムトレードを始めたのはどれぐらい頃ですか?

加藤さん:そえ~そうですね、実際にシステムトレードを始めたというの2年と2ヶ月ぐらいですかね。で、実際に特別プログラムを受講しながら、講師陣の皆さまから「今まで作ったルールで運用してみたら」と言われてからだと1年弱ぐらいですかね。

以前は、1年ぐらいで数百万円負けました…

西村:システムトレードを始める前は、どのような方法で投資していましたか?

加藤さん:いや~、これはもう完全な自己流でですね。まったく私は株の知識とかそういうのがなくて、そもそも年齢も60に近くなるから将来を考えて投資でもしなければなと思い始めて、いきなり裁量トレードに入ったような状況でした。だから、インターネットで、例えばADR日本株全銘柄一覧とか、それからCME日経先物で明日はどうなるかだとか見て投資していました。

あとは、口座を持っている各証券会社のホームページで銘柄を検索して業績予測や四季報などそういうところを見て、自分勝手に本当に自己流で、ハラハラドキドキしながらやってたという感じですね。

西村:そのときの成績はいかがでしたか?

加藤さん:いや~(笑)むちゃくちゃ悪くて、まず1年ぐらいで数百万円負けましたね。悲しかったですね。

このままだと夫婦関係が悪くなると思い…裁量トレードからシステムトレードに変更しました…

西村:その中でシステムトレードを始めようと思ったきっかけは、何だったのでしょうか?

加藤さん:いや~これはですね、その裁量トレードを最初始めたときには、例えば、1日で2万3万と利益を上げた時期もあったのですけどね…そのうち負けてきて、その繰り返しのうちに、だんだん投資額が大きくなって、結果的に数百万負けたという風になってですね。

実際資産はいくらかありますけど、資産を増やそうと思ってやったことがこのままいくとむしろマイナス街道まっしぐらになるだろうなというのがまずありましたね。しかも、裁量トレードは、皆さん一緒だと思うんですが、ハラハラドキドキの毎日でですね、本当に精神的に良くなかったですね。

そして、これが一番恥ずかしい話なんですが…家内からその、運用成績を聞かれるじゃないですか。「今日どうだった?」とか。そうするとですね、勝っているときは、ニコニコして話すんですが、負けると会話すること自身が嫌になってきてですね、もう夫婦仲が悪くなるって言った方が良かったですかね。それで、このままじゃダメだなと思って。裁量トレードをやめなきゃならないなと思いましたね。

半端はダメだという気持ちで、このプログラムに飛び込みました!

西村:どのようなことがきっかけでシステムトレードに出会ったんですか?

加藤さん:これはですね、私はインターネットでしか情報を集める手段がないものですから、生活圏そのものが東京から離れてる田舎ですんで、株をやっている人っていうのも田舎に行けば行くほど少ないのも事実ですよ。

ですから、そういう情報を仲間から集めることもできませんし、インターネットを見て色々なトレード法があるのかなって、まず「株、トレード方法:って検索していって、システムトレードっていうのを見つけてですね、で、まぁこういう根拠のある投資法しかないって感じたのが一番ですかね。

西村:では、そこから特別プログラムを受けようと思ったきっかけは何でしたか?

加藤さん:いや~これはですね、特別プログラムを受けようと思ったきっかけってのは、やるんであればですね、半端はダメだということがいつも思っていることですので、どうせやるのであればちゃんとしたものをやりたいし、やるべきだなと思ってましたから、この特別プログラムというのがあるってわかった瞬間に、それをやることは決めましたね。

未来が感じられる講義内容に良さを感じました!

西村:実際に、このプログラムを受講して、どのような部分が良かったですか?

加藤さん:う~ん、そうですね。特別プログラムそのもののことでいくと、講師陣の皆さんの能力の高さとか資料とか教材の充実度とかでしょうか。それから、他社と御社の実績を調べると、実績は西村さんの方かなと思ったのが一つですね。ただ、、一番の良さは、未来が感じられる講義内容だったっていうかですね。カッコつけて言えばですけど(笑)実際皆さんからプログラムの中で指導を受けて、未来が感じられましたね。はい。これが一番良かったと思いますね。

色々な先輩と出会えることで、やる気が更に上昇しました!

西村:特別プログラムの中で、一番利益につながったっ知識やスキルとして、どのようなものがありましたか?

加藤さん:う~ん、利益につながったスキルというか…そうですね、コンサルティングを受けている間の先生方の一つ一つの言葉遣いですかね。その言葉の内容に、「自分はこれやっていかなきゃならないな」って感じましたし、実際の指導の中身、スキルは他社ではないものかもしれませんが、私にしてみると、精神的な部分で受けた内容の良さというのが、今の自分のスキルになっているんじゃないかなって感じますね。

西村:プログラム期間の一年間で、やる気を維持するためにやったことはありましたか?

加藤さん:う~ん、当然のごとく踏み込んだ以上はやらなければならないという一種の思い込みもそうなんでしょうけど、これはですね、私が一番言いたいのは、いろんなセミナーとかありますよね。その、例えば西村さんのとこでやってる講師の方のセミナーとか、それに出るのが私は一番なんじゃないかと思います。

というのは、そこで色々な先輩方と会って、得る情報というのが一番なんじゃないですか、モチベーションを上げたというか、やる気をさらに。やる気の上にやる気が出ざるを得ないようなセミナーの内容であって、かつその懇親会でですね、先輩方と会ってお話するというのが、いや~これは一番モチベーションの維持には一番必要なのかなって、今感じますね、はい。

株価を見ることが減って、発注中時間が減ったので、時間的余裕ができました!

西村:特別プログラムを受講して、トレードの生活とか気持ちは、受講する前と後でどのように変わりましたか?

加藤さん:そうですね、精神的にはだいぶラクになりましたね。まずイライラがないですね。確かに実運用して負けたりもしますけども、一番のところは時間的余裕が出たのが大きいです。日中の株の板情報を今までより見ることもなくなりましたし、それから発注に際しましても裁量であれば何を買うかななどと、時間をかけたりしましたが、今はそれもないですし、まず時間的余裕がありますね。

それから、一発では大きくは儲けませんけども、確実にその、利益を積み上げていくことができますんで、精神的にも安定してますし、家内との仲も悪くはないですよね。

プログラムを受講して利益を積み上げています!(年利7.2%)

西村:特別プログラムを受講して成績は、前後でどのように変化しましたか?

加藤さん:そうですね、やっぱりその、前はもう裁量トレードで、西村さんとこの門をたたくまではもう負けの連続でしたけれども、今は勝ち負けはありますけれども、やはり勝ってますから。先ほども申し上げましたけど、プログラム受講後は、利益を積み上げている状況ですね。

一発逆転を狙う人は、このプログラムは向いていません…

西村:この特別プログラムはどのような人に向いていると思いますか?

加藤さん:う~ん難しい質問ですね。一番目には「株で勝ちたい」っていう人が一番でしょうね。それから、あとはやっぱり気持ちが半端でなくて「やるんだ」という強い意志を持っている方ですかね。 。

西村:反対にどのような人には向いていないですか?

加藤さん:う~ん、例えば一発逆転を常に狙うような人とか。すぐものに飽きてしまうような方はダメじゃないでしょうかね。やっぱり一つの結果を出るまでやり通せる方が一番だと思います。はい。

システムトレードを始めていなかったら「家を出ていけ」って言われていたかもしれません…

西村:もし、加藤さんがこの特別プログラムを受講していなかったら、もしくはそもそもシステムトレードを実践していなかったら、今どうなっていたと思いますか?

加藤さん:いや~、どうなっていたでしょうね。もし、あのまま裁量トレードしていたら…もしかしたら離婚していたかもしれないですね。離婚というか…私がするんじゃなくて「家を出ていけ」って言われていたかもしれませんね。

明るい将来にしたい人は是非システムトレードをやりましょう!

西村:この特別プログラムをきっかけに、加藤さん、システムトレードを始めてよかったですか?

加藤さん:そりゃ、もちろんですよ。

西村:これからもシステムトレードを継続していきますか?

加藤さん:当然ですね、はい。今以上にやっていくと思います。はい。

西村:今特別プログラムを受講しようかどうか迷っている人に最後に加藤さん何かアドバイスがあればお願いします。

加藤さん:う~ん。明るい将来にしたい人は是非システムトレードをやりましょう。

音声はコチラ