10月は銀行株が下がりやすい?


From;檜山裕司

前週の日経平均株価は、2万1793円83銭から始まりましたが、
10月2日、3日と続落し、2日間で約544円ほど下げました。

9月は下がりやすいと言われる中、好調に推移していただけに、
10月に入ってすぐの下落には、少し不安に思われた方もいるかも知れません。

週末には反発し、4日は2万1410円20銭をつけていますが、
背景として日米長期金利低下によって金融株が売られており、

引き続き円高・ドル安が続くことによって、
株価上昇の重荷となる可能性があるでしょう。

無理にトレードをすることなく、
慎重なスタンスで今後の動向を見守りましょう。

では、本題に入りましょう。本日のテーマは【10月に下がりやすい業種】です。

10月は3月決算企業の中間決算が活発化することから様子見ムードが強まるため、
この時期は相場が冷え込みやすい月として知られています。

そんな10月相場の中でも
特に下がりやすい傾向がある業種について、
過去のデータを用いた検証内容をご紹介します。

詳細は以下のURLよりお進みくださいませ。

[AllAboutマネーに掲載]
*****************************************************
◆10月は銀行株が下がりやすい?◆
>>  https://allabout.co.jp/gm/gc/477026/
*****************************************************
ぜひ、こちらの情報もあなたの投資戦略にお役立て頂ければと思います。

そして、年末に向けてじっくりチャンスを狙っていきましょう!

―檜山裕司

The following two tabs change content below.

檜山 裕司

サポートメンバー。システムトレード初心者を始め、システムトレーダー全般をサポート。難しい言葉を使わず、誰でもシステムトレーダーになれるよう親切・丁寧な対応に定評。